【超タイプ】補助系トレーナーズ(+エネルギー)タイプ別まとめ【ポケカ解説】

超タイプを補助する効果を持つトレーナーズ(+エネルギー)について、この記事では解説します。

もくじ

〜超タイプ〜

霧の水晶

超タイプ限定旧クイボ+超限定エネルギー転送なグッズ

霧の水晶画像

超デッキならとりあえず必須級のカード。

霧の水晶は、山札から超タイプのたねポケモンと超エネルギーをどちらか1枚サーチして手札に加えることができる便利なグッズです。

どちらかコスト無しで使えるのもえらいし、選べるのもえらい。

サポートではなくグッズなのでいくらでも使い放題なのもえらいポイント増量です。

似た効果を持つカード『ネストボール』&『エネルギー転送』

ネストボール画像
エネルギー転送画像

『ネストボール』は、たねポケモンをサーチするボール。(「手札に加える」ではなく「場に出す」ですが…Dレギュの頃は『クイックボール』があったのですがレギュ落ちしたので…)

『エネルギー転送』は好きな基本エネルギーを1枚サーチできるグッズ。

その両方を超タイプ限定にしたのがだいたい『霧の水晶』です。なので弱いわけがありません。

いにしえの墓地

超ポケモン以外に厳しいスタジアム

いにしえの墓地画像

『いにしえの墓地』は、超ポケモン以外にエネルギーをつける際にダメカンを2つのせないと行けなくなるスタジアムです。

超ポケモンは免除されるので超タイプ補助として紹介していますが、全然超デッキ以外でも使えるカードです。

例えば、相手にダメカンがのっていると火力が上がる『ヒスイダイケンキVSTAR』などを含むデッキなどでダメカンを載せる手段として採用されます。(悪タイプなため仮に相手が超タイプだとしても弱点をつけるのでダメカンがのらなくてもカバーできます)

ヒスイダイケンキVSTAR画像

似た効果を持つカード『大口の沼』

大口の沼画像

ダメカンをのせるスタジアムとして、『大口の沼』は比較的似ています。

こちらは超ポケモン以外の条件がないのと、ベンチに出した時に誘発する効果になり、エネルギーをつける効果と比べ躱すのが難しい効果になっています。

『いにしえの墓地』はエネルギーをつけるたびにダメカンがのるため2つ以上のダメカンがのるほか、抑止力的な役割も多少は発揮するためそこが差別化できる点となる。

自分のポケモンにダメカンを意図的にのせるにしてもこちらはエネルギーをつける手間がないなど、用途に合わせて使うことができます。

似た効果を持つカード②『かがやくデンヂムシ』

かがやくデンヂムシ画像

『かがやくデンヂムシ』はポケモンV限定ですが、『いにしえの墓地』と似た効果の特性『ビリビリブロック』を持ちます。

ポケモンexが新たに登場したため有効な場面は少なくなっていきそうです。かがやくポケモンなので複数並べるのもほぼ不可能です。

月明かりの丘

サーナイトexと圧倒的なシナジーがあるスタジアム

月明かりの丘画像

『月明かりの丘』は手札から超エネルギーを1枚トラッシュすることで、自分のポケモン全員のHPをそれぞれ「30」回復できるスタジアムです。

基本超エネルギーをトラッシュに置く効果と、HPを回復する効果それぞれが『サーナイトex』の特性と相性が良く、まさに専用カードかのようにデザインされているスタジアムといえます。

サーナイトex画像

HPが「30」回復するため1枚分多くトラッシュからエネルギーをつけれます。

リップ

自分のトラッシュにある超ポケモンと超エネルギーを合計4枚まで手札に戻せるサポート

リップ画像

『リップ』はトラッシュにある超ポケモンと超エネルギーを合計で4枚まで手札に加えることができるサポート。(『未来の一閃』収録)

『クララ』が超タイプに特化したような効果で、回収できる最大枚数が4なのは同じですが、ポケモンとエネルギーの割合はこちらに自由度があります。

クララ画像

イラストに写っているように『クエスパトラ』のワザ『グリッターアイズ』にも影響があります。

クエスパトラ画像
もくじ